Languages

他のカミンズサイト

2016年式日産タイタンXDフルサイズピックアップの動力は、カミンズの5.0L V8エンジンです。2015年の北アメリカ国際オートショーでデビューしました。

次世代の日産タイタンは北米のピックアップ市場で、カミンズの存在感を高荷重大型トラックから、いまや軽荷重部門にも存在感を広げています。5.0L V8ターボディーゼルは、ピックアップ市場で、より大型とより小型のディーゼルの中間に位置し、単独でユニークな提供となっています。

Cummins Nissan 5.0 V8 Engine日産とカミンズは、2007年に協力関係を開始して以来、カミンズ5.0L V8ターボディーゼル用の較正と特定のハードウェアの最適化について、一緒に作業を進めてきました。次期TAITAN用エンジンとして日産の要求レベルを超えるべく、様々な試験を繰り返し、1,000,000マイルを超える耐久試験を経た強靭なタフネスエンジンが開発されました。

5.0L V8ターボディーゼルは、コンパクト黒鉛鉄(CGI)シリンダーブロック、鍛鋼クランクシャフト、高強度アルミニウム合金ヘッド、および複合材バルブカバーによって、軽量のパッケージで最大限の耐久性を提供します。デュアルオーバーヘッドカムシャフトとともに、これらの特徴も、5.0L V8ターボディーゼルによって達成される優れた騒音・振動・ハーシュネス(NVH)特性に貢献しています。

Cummins M²™2段ターボチャージャーは、高速および低速のエンジン速度のどちらでも良好に動作するように構成されます。最新のBosch® High Pressure Common Rail(HPCR)燃料システムと、ピエゾ燃料インジェクターからの高い噴射圧力によって、最適化されたシリンダー内燃焼のための精密な燃料制御が提供され、より良好な燃料効率と、排出量の削減がもたらされます。統合電子制御によって駆動される多重噴射イベントによって、HPCR燃料システムは、カミンズM2™2段ターボチャージャーとともに、555 ポンドフィート(750Nm)という大変優れたピークトルクと310馬力(231kW)の出力に貢献すると共に低燃費を実現させました。もちろん、最新の排気ガス規制に対応したクリーンディーゼルエンジンです。

寒冷な気候では、新型のセラミックグロープラグシステムによって、始動時間と電流ドローが著しく低減し、車両の充電システムの要件が下がります。セラミックグロープラグは、メンテナンスの必要なしにエンジンの寿命を延ばすように設計されました。

5.0L V8ターボディーゼル用の2段階燃料フィルターシステムにはCummins Filtration開発のNanoNet™メディアが適用され、燃料内の異物から高圧燃料噴射機器を守ります。ナノネットのユニークな機構は燃料圧損を抑えたうえで4ミクロンの細かな微粒子でも99パーセント取り除きます。

実証済みのエアハンドリングおよび排出制御技術は、カミンズの広範にわたる排ガス抑制技術の専門知識を利用します。カミンズのM2™2段ターボチャージャー、冷却した排ガス再循環(EGR)、およびCummins Emission Solutionsの後処理システムは、ディーゼル粒子フィルター(DPF)と、選択触媒還元(SCR)を特徴とし、結果として、窒素酸化物(NOx)および粒子状物質(PM)の排出がほぼゼロになり、一方でより良好な性能と燃費が得られます。

カミンズ日産タイタンをご覧ください。