Quick Links

Top Header Social Icons

2021年2月23日
サステナビリティ・コミュニケーション ディレクター Blair Claflin

Ethisphere.jpg

カミンズは14年連続でEthisphere Institute 「世界で最も倫理的な企業」として選ばれ、22か国47業界にわたる134企業とともに2021年版リストに名を連ねました。

Ethisphere Instituteは、企業の地位や市場における信頼、ビジネスの成功に大きく影響するビジネス倫理の在り方の基準を定義し、広く普及させた世界的リーダーです。Ethisphereは、データに基づいた識見による倫理基準軸の評価や定義に深い専門性を持ち、企業特性の強化や企業文化の評価・改善における一役を担っています。
Ethisphere社CEOであるTimothy Erblich氏は、「多くの企業が2020年の困難な課題に取り組む一方で、他のどの機関よりも、レジリエンスと、倫理と誠実さへのコミットを通じて、利害関係者からの信頼を得ようとする企業が見受けられました」と述べています。「世界で最も倫理的な企業」となった企業は、最高の価値に対する揺るぎないコミットを示すものであり、企業が貢献しようとする地域社会にも影響をもたらしています。「世界で最も倫理的な企業」賞はカミンズの全従業員に授与されたものです。皆さん、おめでとうございます。」

何が評価されたのか

このリストに掲載されているのは、Ethisphere独自のEthics Quotient®(世界で最も倫理的な企業の評価プロセス)に手を挙げた企業です。この評価プロセスには、文化、環境および社会慣行、倫理・コンプライアンス活動、ガバナンス、多様性、強力なバリューチェーンをサポートするイニシアチブに関する200以上の質問があります。この評価プロセスは、業界全体および世界中における組織の主要な慣例を把握し集成するフレームワークの機能を果たしています。
今年は質問の範囲が拡張され、世界的パンデミック下での健康、環境、社会、ガバナンス要因、安全性、公平性、インクルージョン、社会的正義について、応募企業がどのように順応し、適応しているかも評価されました。
カミンズは、「自動車」カテゴリーで表彰された4社のうちの1社にえらばれました。「倫理」は、1919年の創立から2019年までの100年間、さらに今日に至るまで、カミンズの企業文化の重要な部分を占めてきました。10の基本原則に基づいて定められた当社のビジネス行動規範を遵守していくことが、世界中のカミンズの従業員に求められています。
カミンズの倫理コンプライアンス部門が、贈収賄防止、利益相反、公正な競争に至るまでの多数のオンライントレーニングコースを提供することで、これらの原則を強化しています。
会長兼 CEO の Tom Linebarger は、ビジネス行動規範の導入部分で「カミンズでは、従業員自身が必要な理解を得て、正しいことを行い、正しいかどうか明確でない場合は助言を得るよう求められています」と述べています。

もうひとつの栄誉

「世界で最も倫理的な企業」も新しく受けた栄誉のひとつです。今月初旬、カミンズはアメリカの2021年ベスト大企業の1社として選ばれました。これは、『Forbes』誌が、市場および消費者データの大手プロバイダーである Statista と共同で行ったランキングです。Statista社 は、1,000人以上の従業員を抱える企業の従業員38,000人の米国人を対象に調査しました。
Statista社は、「自分の勤務先を他の人にも勧められるか」を10段階評価で調査をし、また自分の勤務先を除いて勧めたい企業の推薦と勧めたくない企業を尋ねる調査を行いました。
調査では病院や大学が上位を占め、カミンズは総合127位となりました。しかし、「工学、製造」カテゴリーでは、Brunswick(ブランズウィック)社、Trane Technologies(トレーンテクノロジーズ)社、Sherwin-Williams(シャーウィンウィリアムズ)社、Owens-Illinois(オーウェンズイリノイ)社に次ぐ 5 位にランクインしました。