Quick Links

Top Header Social Icons

カミンズは、20年以上前に燃料電池および関連技術の開発を開始し、カミンズの一部である水素事業を通じて、水素エネルギー市場で70年以上の実績があります。カミンズは、水素を利用し、それを電気に変換する燃料電池技術に投資しています。同時に、統合型の燃料電池パワートレイン、輸送機器航続用燃料電池パワートレイン、定置燃料電池システムを開発しています。

カミンズは、燃料とパワートレインの両ソリューションのプロバイダーとして水素エコシステムに参入しています。つまり、同社は、最初から最後まで継ぎ目なしの統合という、完全に差別化された水素ソリューションを顧客に提供することができます。

燃料電池なら、テールパイプからの汚染物質の排出ゼロ、瞬時トルク、優れた走行距離、迅速な燃料補給が可能になります。また、カミンズでは、水素を基にした技術とインフラに焦点を当てた助成金やインセンティブの増加も見ています。

以下の4つに代表される複数の燃料電池ソリューションが主要市場に導入されたことで、同社は燃料電池技術で業界をリードし続けています。 100%電気駆動で100%エミッションフリーです。

燃料電池列車
水素を利用した動力で旅客列車を駆動するのは、SFの世界さながらですが、ヨーロッパでは現実の話です。水素燃料電池は、カーボンニュートラルな未来に必要な革新的なソリューションとして知られており、旅客列車の動力としても十分なエネルギーを発電します。フランスの鉄道メーカーであるAlstomは、こうした技術を基盤とした旅客列車を世界で初めて開発した鉄道メーカーです。カミンズが供給する燃料電池を使用した最初の列車は定期運行中であり、ドイツ北部のブレーマーフェルデを走っています。ドイツでこの試験運行に成功した後は、カミンズの燃料電池を使用したAlstomのコラディア・アイリント列車が、初の定期旅客鉄道サービスとしてオーストリア連邦鉄道ÖBBで運行します

燃料電池配送トラック
現在、ノルウェーのトロンハイムには、カミンズの水素燃料電池モジュールを搭載したScaniaのトラックが4台あります。このトラックは、ノルウェー最大の食料品卸売業者であるASKOとの試験運用の一部です。ASKOは、その広範な流通ネットワークに活かせる効率性、低排出ガス、持続可能な開発を重視しているため、燃料電池技術に注目しました。この試験運用は、車両とオペレーションについて、さらに研究および開発を重ねていく基盤となります。これにより、ASKOは、100%再生可能燃料を使用するクリーンエネルギーの自給自足供給企業となり、エネルギー消費20%削減の道を歩み始めます。

燃料電池ごみ収集車
「ごみ」がゴールデンタイムのニュースになることは稀ですが、廃棄物処理に役立つ技術は大きな進歩を遂げました。そして、カミンズは、ヨーロッパで最初に認可され、商業的に運用される燃料電池ごみ収集車のいくつかに燃料電池を提供することで、この技術をさらに推進しています。カミンズはこれまでに、燃料電池の「エンジン」に相当する20基以上の燃料電池パワーモジュールを、ヨーロッパ各地のさまざまなトラック製造業者に提供してきました。カミンズは、ヨーロッパのごみ収集車と路面清掃車のリーダーであるFAUNに対して、電気ごみ収集車プログラム向けの燃料電池を供給しました。FAUNが燃料電池を車両に搭載すれば、各トラックは100%電気駆動になり、排出ガスが100%出ないことになります。最大走行距離も560km(約350マイル)になるため、10トンの廃棄物を運搬しながら収集ルートを複数回走行できます。

燃料電池クラス8大型デモトラック
燃料電池技術に関する20年以上にわたる研究開発の集大成は、2019年の北米商用車(NACV)ショーで発表されました。カミンズは、燃料電池とバッテリー電力を搭載した大型トラックを出展しました。ゼロエミッションクラス8、6x4キャブトラクターは、地域輸送、都市の配送業務、港からのドレージ輸送、ターミナルでのコンテナ取り扱いなどの職業用途に適した技術デモ機です。トラックは90kWの燃料電池用に設計されており、30kWまたは45kW単位で最大180kWまで拡張可能です。また、燃料電池トラックは100kWのリチウムイオン電池容量を備え、満タン時の走行距離は150~250マイルとなります。ただ、この距離は、追加の水素タンク、つまりタンク貯蔵圧力を増加したり、タイヤ負荷率を最適化する追加の燃料電池を搭載したりすれば、さらに伸ばすことができます。

燃料電池車は、現時点では、インセンティブなしではコスト競争力はありませんが、一部の市場や用途では、今後10年間で内燃機関のコスト等価点を達成しようとするアプローチも見られます。カミンズは、適切なタイミングで適切な技術ソリューションを、最高の価値で顧客に提供し続けることで、今後も業界をリードし続けます。